2017年07月22日

「椅子を作る人」(なろう版)を読んだ!

今日は久しぶりにネット小説の感想です。

椅子を作る人」 山路こいし様
モーニング大賞受賞作、2017/7/22(本日です)書籍発売!
おめでとうございます!

ネット小説は、書籍になってしまうと削除されてしまう場合が多いので、あわてて読んできました。
私が読んだのはなろう版。
今日の時点では削除されていません。
この作品はカクヨムさんにも掲載されていますが、そちらもまだ読める状態で。
紙の書籍版が出ても、このまま無料でありがたく読ませていただける?

まだ今日読み終えたばかりなんですが……ああ。
ああ。なんか、怖い。すごかった……すごいものを読んだ。
いや、その、もう少し表現のしようがあると思うんですが、読み終えたばかりの今は、そんな言葉しか出てこないような濃い作品でした。

描かれているのは一人の男の狂気。
英国サスペンス風味で、切り裂きジャック事件を彷彿させる猟奇的な事件が、優雅なクラシック音楽に乗って流れていくような。
普通の生活を描写する場面は、限りなく優雅に描かれており、それがまたこの作品の大きな魅力。

高い表現力だけでなく、巧みな構成、そして、豊富な知識がはんぱない。
音楽的なことも、イギリス的な小物などの名称もさらっと入っていて、おそらく、かなりの時間をかけて書かれたのではないでしょうか。

内容はものすごく重かったです。
ひとりの男が抱える卑屈な過去、そして信用していた少年の死。
そして狂気。現実とも妄想とも区別がつかなくなっていくさまは恐ろしく、やりきれない思いが深く残りました。

ネット小説のコンテスト、というと異世界転生ものが強いイメージですが、この作品のような重い作品が受賞した意味は大きいと思います。

軽いノリだけで書かれている作品も読みやすく面白いけれど、こういうしっかりした作品にも、もっと注目が集まってほしい。
こいし先生の今後の活躍をお祈りしています。

すばらしい作品をありがとうございました。


ひとりごと
posted by 菜宮 雪 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

四話目

小説家になろうさんにて連載中拙作
「王太子とダジャレ侍女」 きのうの夕方四話目を更新しました。

なまけものの私のくせに、今回は結構更新が頻繁だと自分でも思っております。

なんか……この世界の人々に脳内がすっかり占拠されておりまして、他のことができないんです。
なろうさんでホラー企画もはじまったわけですが、今回は私は不参加。
いいネタもないですし、今はこの連載を書くことに夢中で。

ホラージャンルって、ネタかぶり率が結構高いと思うんで、難しいです。
なろうさんの企画が提示している廃墟の遊園地(でしたっけ?)設定を使うとさらにネタかぶりしそう。
廃園になった遊園地の壊れた遊具にまつわる霊的な何か、そこへ行けば誰かが行方不明になるとか、気が狂うとか、なんて話、みんな書きそうですもん。
読者としてはお知り合いさんのだけチラ見しようかと思っています。
posted by 菜宮 雪 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 王太子とダジャレ侍女関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

三話目出しました

小説家になろうさん内にて連載中拙作。

王太子とダジャレ侍女
三話目、「ケイシュカの鉢植え」 きのうの夕方更新しました。

この辺りから徐々に恋愛モードになっていきます。
ゆるりとご覧くださいませ。

なろうさんの活動報告にも書きましたが、情報の出し方、難しいですね。
読者の方が覚えやすいように情報は小出しに、というのが私のやり方なのですが、後出しかい、と思う方もいらっしゃいそうで。
でもなあ……情報を一気に出すと読みにくいし、そういう小説は私は大嫌い。
やっぱり小出しにしてしまいます。
読者さんって設定が読みたいんじゃない、と私は信じているので。

……とはいえ、やっぱり説明くさくなっている部分もあるかも。

不安の中、次話の準備を進めております。
posted by 菜宮 雪 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 王太子とダジャレ侍女関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

二話目を投稿しました

先日連載を開始した拙作「王太子とダジャレ侍女」、本日午前中に二話目を出しました。
まだまだ序の序。
先は長いですが、がんばろうと思います。
なろうさんでの久しぶりの連載で、投稿の仕方を忘れておりました。

このお話を書き始めたのは、2014年ごろでした。
……だいぶ前……っていうか、昔すぎっ!
下書きが完成したのはまだ最近の話。

毎日書く、というわけでもありませんし、途中違う作品を書いたりと、放置していた時もありました。
しばらくぶりに下書きファイルを開くと、気に入らないところをあちこち見つけたりして、設定書き足しなどがしたくなり、さらに話は長くなって、よけいに完成しない無限ループに。

底辺作家が長いもの書いてどうする、って気持ちももちろんあります。
お知り合いさんでも、下手で興味のないものを延々と読まされるのは耐えられず、読書放棄する方が多数でしょうね。
だれも評価も感想もくれない残念作品……なろうさんの中にも無数にあります。
そんな作品になりそうでも、やっぱり連載を続けてみようかと思うんです。自分が読みたいと思ってつくった話だから。

100人がこの作品を読むことを放棄してしまったとしても、もしかして101人目の方が最後まで読んでくれて、読んでよかった、と思ってくれるかもしれない。
そんな奇跡のような出会いを信じて、書き続けるつもりです。
よろしくお願いします。
posted by 菜宮 雪 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 王太子とダジャレ侍女関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

新連載のお知らせ

本日、大安吉日なので、新しく長編小説の連載を開始しました。
どうせ始めるならやっぱり日柄のいい日がいい!
作品は先日予告に出した通りのもの。

王太子とダジャレ侍女」R15、一部流血、暴力、大人っぽい場面あり。

副題:王子が侍女に恋しているうちに国がヤバイことになった件
ひとことで言うならそんな話です。

架空の国でのシリアス恋愛で、一部戦記要素も含みます。
コメディではありませんが、ごくごくたまにしょーもないダジャレがぽろっと入ります。
生暖かい目で見てくだされば幸いです。

おおまかなあらすじ
王太子フェールは、侍女アンジェリンに恋をし、彼女を妃に望む。しかし、戦争がさしせまる状況の中、フェールには政略結婚の話が来ていた。
フェールは政略結婚を回避しようと、だれがみても危険な作戦を実行しようとするが……。
一途な王太子と、ダジャレが趣味の侍女アンジェリンの、愛と戦いのお話。

異世界トリップではありません。愛し合うシーンはありますが、ただHするだけの話でもなく。
一途な恋を軸に、陰謀やら戦争やら入り混じります。視点変動も当然あり。
なんか……すいませんねえ。
今どきはやりの、主人公視点の一人称で異世界へ行ってなんとかするって感じのお話にちょっとあきてしまって、自分が読みたいものを何も考えずに書いてみました。
ヒロインはおとなしい女性。安心して読めますよ!
何が安心かって?……だってねえ……なんか、ありがちな異世界トリップの女子高生の子って、異世界で横柄な口を利く子が多いじゃないですか。初対面の人とか、王族に対しても敬語なしとか。しかもすぐに人をなぐったりして乱暴だったり。
そういうの、最近は読んでいると疲れるから小説では読みたくなくなったんです。そういう設定なら、コミックか、アニメが好き。

ま、愚痴をこんなところでぶちまけている場合じゃないですね。
連載がんばります。
よろしくお願いします。

物語の地図は、先日のよりちょっと手直しして、自サイトに上げました。
……うう……やっぱり見にくいけどまあいいや。
sevolonechizu.png
posted by 菜宮 雪 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 王太子とダジャレ侍女関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする