2017年02月25日

志賀高原でスマホ拾った

ここ数日、長野の志賀高原へスキー旅行へ出かけておりました。
志賀高原はうちからだとものすごく遠くて連泊できないと行く気にならない場所ですが、会社関係で安く泊まれる温泉宿があり、ボーダーの座り込みが少ないから大好きなゲレンデです。
同行者たちの予定が合えばまた行きたいところ。

きのう、2月24日金曜日、ゲレンデで珍しくスマホを拾ったのでここでひっそりと報告。
もしかして落とした人が必死で探しているのではないかと思って。
持ち主さんが検索エンジンからこのブログへお越しになるといいけど。

拾った場所はジャイアントの初心者用迂回コースから出てすぐの斜面。
たまたま立ち止まった場所で同行者が雪の中に埋もれているスマホを発見。

スマホがどこのメーカーのものか確認はしていませんが、首からかけられるストラップありで、白いマスコットがつけてありました。マスコットは雪だらけ。犬か熊か、あるいは雪だるまか、そういうたぐいの小さくかわいい何かでした。

落した人が青くなって探していることが想像でき、すぐにジャイアントリフトの発券所へ持って行きました。
リフト券売り場には行列ができていたので、並んでいた最後尾の人(中央大学さんのゼッケンをつけてたと思う。思い違いだったらすみません)にそのスマホを渡して、窓口の人に届けてもらうよう頼んでおきました。

ゲレンデで働いている人が以前に言っていましたが、雪の中でスマホを落とすと見つかる可能性はかなり低いそうです。
拾われただけ運がいいかもしれない。ただスマホの生死は不明。
拾ったスマホの状態からしておそらく拾われる日に落としたものだと思うけれどそれもわからないこと。

今頃すでに持ち主さんの元へ戻って、無事に使えていたらいいね。
posted by 菜宮 雪 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

チョコ味やきそば

きのうは楽しいバレンタインでしたね。
(今、バレンタインを変換したら馬練多飲になっちゃったw)

ちょっと変わったインスタント焼きそばを見つけたので食べてみました。

ぺヤングさんのこれ
yakisoba1.jpg

普通のインスタント焼きそばのチョコ味。

どれどれ。
さっそく開封。
中は普通の麺。
ソースがまるきりどろどろチョコ。なかなかすごいぞこれは。
yakisoba2.jpg
ぐるぐるまぜると甘い香りが漂って、幸せぇ♡
でもちょっとインスタント焼きそばの麺の香りもするなあ。
気にせず食す。

(^o^)→(ーー;)→((+_+))

お味は………あ……微妙。
なんでしょうね、これ。
麺が甘くないから、味がしみ込んでないの。
甘いお菓子としては物足りない。
表面だけべたべたしたチョコの味。
チョコソースなんだから当たり前なんだけどね。

やっぱりねえ、焼きそばは焼きそばとして、チョコはチョコとして食べたいよう。
これをもう一度食べたいか、と訊かれたら、うーん、もう十分堪能させていただきました、と答えるよ。

ぺヤングさんも攻めた商品作ってるね。
ごちそうさま。
posted by 菜宮 雪 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

祝書籍化!「Only with Your Heart」

当方もお世話になっている泉野ジュールさまの作品が先月書籍になりました。

「Only with Your Heart 烈炎の騎士と最果ての恋人」
泉野ジュール様
フェアリーキス Jパブリッシングより

WEB版はこちら
※リンク先はR18です。
http://novel18.syosetu.com/n1374cf/

異世界へトリップした日本人女性チヅルが主人公。
いったん現実世界に戻ったチヅルが、一年ほどすぎてから二度目に異世界へトリップした時、異世界では14年もの月日が流れていた。
昔の恋人ルクロフと再会したが、14年の歳月は彼と周りの環境を大きく変えていた。
年月の重さに素直になれないルクロフと、そんな彼を愛し続けるチヅルの物語。
ひとことで言えば異世界トリップ熱烈激愛!

書籍版がやっと入手できてよかった。初回限定の描き下ろしペーパーも楽しく拝見。
書籍は先月末に大都会の本屋さんで買えました。
田舎だとそこそこ大きな書店でもこのレーベルの棚などどこにもなく、新刊コーナーにも積んでなくて、このレーベル自体を仕入れている様子がないです。
ま、とにかくめでたく入手。

WEB版を読んだのはだいぶ前。
書籍版を手にして久しぶりにチヅルたちに会えて、新鮮な気持ちで読むことができました。
書籍版は冒頭付近を大幅にけずって加筆してあるみたいですね。
で、どんなだったか私自身が忘れているところもあり、WEB版をもう一度チラ見。
ああ、やっぱりついつい読んじゃうお話。
いい意味での時間どろぼう的作品です。

ヒーローのルクロフがとにかくたくましくて野性的で情熱的。
こんな乱暴な男、どうよ、と思えてしまうシーンもあるわけですが、そういうヒーローだからこの作品は生きている。まさに「烈炎の騎士」。
書籍版の邦題がぴったり。
ヒロインは従順でやさしい。辛抱強いし。
このヒロインでなきゃ、ヒーローはダメで。
私はこんなやさしい女にはなれないわあ。

書籍版の方が、おそらくはレーベルに合わせたものになっているからだと思うのですが、愛し合うシーンが結構多かったような印象がありました。(あくまでも印象です。そういうシーンがどれぐらいあったかの検証はしておりません)
どっちかというとゆったりしているWEB版の方が私は好み。
エロシーンを中心に読みたい方には書籍版の方がいいかも。
書籍だと読みたいシーンがすぐ開く!

書籍版、一応一巻で完結しているようですが、続けようと思ったらまだまだできそう。
できれば二巻目も出してほしいです。

絵のイメージは、私の中ではルクロフは表紙の絵、そのもの。
チヅルの方はちょっとイメージが違って、私のイメージではもっとストレートの黒髪でした。
黒髪はまっくろけの。
でも書籍に何度か出てくる挿絵を観ているうちに、チヅルは書籍の絵のイメージに変わっていきました。

それと、どうでもいいことですが、裏表紙のルクロフの衣装が怖いのが残念。
あの……黒蛇が首にまきついているように見えて……ときどきヒッとなります。表の絵は大きいから蛇に見えないんですけどね。
すみません……昨年うちに出たでかい黒蛇がちょうどあんな感じでして……私、あれ以来、黒いホースとかダメで、完全にトラウマ。
素敵な絵なのにっ、ルクロフめっちゃかっこいいのにっ、ああああ蛇がああああ(泣)。
……はい、私が悪いだけです。作者さんとか絵師さんとかまったく悪くないです。

書籍を買って損をしたとは思いませんでした。
ジュールさんが作る世界にどっぷりつかり、内容を知っているのに急いで先を読み進めたくなる、そんなお話。
私は楽しめました。
よろしければ。
posted by 菜宮 雪 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

書籍「六花の勇者」を読んだ

今日は市販の書籍の感想を。

「六花の勇者」 山形石雄著 集英社ダッシュエックス文庫
現在のところは六巻まで出ている。
ひとくぎりついたものの、まだまだ続きはありそう。

魔神の復活にともない、魔神を倒すべく伝説の「六花」と呼ばれる六人の勇者が集う。
それぞれの勇者たちの体には「六花の紋章」と呼ばれる花のあざがあるが、そこに集まった勇者はなぜか七人いた。
皆、紋章があり、偽物が誰なのかわからない。
互いを疑い合いつつも魔神を目指して進む勇者たち。
ミステリー色が入った愛と戦いの物語……だと私は思った。


以下、感想。





続きを読む
posted by 菜宮 雪 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

雪景色

日曜日は久しぶりの大雪だった。
自宅に積もったのは10〜15センチぐらい。
何メートルも積もったわけでもなく、雪国の人に比べれば大したことないレベル。
それでもこの辺りとしては大雪だ。

この日は車でどうしても名古屋に出なければならない用事があり、わだちもない雪道の中、仕方なく車を出した。
タイヤは一応スタッドレスを履いているけれど、それでも安全とは思わない。
昔、某スキー場へ行ったとき、完全にミラーバーン状態になった氷の道路で坂を上ることができなかった恐ろしい経験がある。その時は、スタッドレスにさらにチェーンを巻いて氷の坂をのぼった。
坂の途中でチェーンを巻く作業も足元がつるつるすべって、あれはマジ怖かった。

で、今回もチェーンを積み込み、早朝からそろそろと発車。
当たり前だけど車が異様に少ない!
あまりブレーキを踏まずに済むから助かった。

きれいな景色だからついでに白銀の公園の写真を撮っておく。
知っている人が見たらわかる場所。
他にも写真を撮りに来ている人、いたよ。
yukigesiki2.jpg
<yukigesiki1.jpg

これで雪はとりあえず落ち着いたのかな。
雪で喜べない年齢になってしまったよw
posted by 菜宮 雪 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする