2018年05月04日

読み終えて脱力中

きょうは久しぶりにネット小説の感想。

神鳥を殺したのは誰か?」 鳩子様 
第三回カクヨムコンエントリー中の作品です。
※性描写、暴力シーンあり
全74話(196960字)完結

神鳥が舞い降りた中華風の国の物語。
皇太子と相思相愛で結婚した澪洛(れいらく)。
ところが、結婚直前に出会った、皇太子の父親であり皇帝である男が彼女に横恋慕。
皇太子を愛している澪洛は決断を迫られ、後宮内のどろどろの人間関係も知ることに。
中華風愛憎、ミステリ、恋愛、サスペンス、みたいな。


神鳥殺し、という場面が早くから出されており、読者は、誰が犯人なのかを推測しつつ話を進めていく形になっている。
犯人が誰かということも興味深いことだったが、次々やってくる恐ろしく苦しい場面の連続に、息つく暇もないほどだった。
執着愛のえぐさが半端ない。

きのうの夕方から読み始めて、38話ぐらいでいったん読むのを止めて就寝。
そしたら、神鳥が私の夢に出てきてしまった。
よみがえって巨大化した神鳥が……私はうなされていたらしい。家族に起こされた。
夢に出てくるほどのインパクト。

今日読み終えて、しばし脱力。心を持っていかれてる。
なんかすごいものを読んでしまった。
無料で読めるWEB小説で、こんな濃厚な作品に出会えることはめったにない。
作者さんの深い知識が垣間見える世界の作りこみ。
容赦ないストーリー。

私はどちらかと言うと、中華系のお話は漢字がめんどくさいのであまり読まない。
見慣れない漢字ばかり並べられると、作者さんのこだわりを押し付けられている気がして読みたくなくなるのだ。
それでもこの小説には、そんなことなど考えさせないほどの力を感じた。

カクヨムコンの中間発表に残っているのは当然だと思った。この作品、何らかの賞を受賞して勝つような気がする。
こんなすごい作品でも入賞できないとしたら、売れ筋じゃない、それだけの理由しか見当たらない。

心をざわめかせる激しいストーリー展開に、しっかりと作りこまれた世界観。
読み応えあり。
これはおすすめ。ただし大人向け。
誰も死なない小説がすきとか、みんなが笑っているだけのほんわか話が好みの方には無理かも。
posted by 菜宮 雪 at 17:41| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

参加することに意義がある

なんかseesaaさん、管理ページの仕様が変わった。
少々使い勝手悪し。

それはそうと、
もうすぐ始まる覆面作家企画に参加することにしました。

企画開催ページは↓こちらです。
覆面作家企画8


この企画に参加するのは今回で四回目。
この企画の中毒性にやられております。

やっぱりね、覆面企画って、一度参加するとやみつきになるんですよ。

普通の小説企画だと、作家名が大きいです。

同じように企画を楽しむつもりでも、実際は作家名だけで読まれる数に差が出てしまい、さみしい自作を眺めては悔しい思いをすることがあります。
書籍化された作品がある有名な人や、お友達が多い人の作品は、感想や拍手もどんどん入っているのに、私のは誰にも読まれずスルーみたいな。
全部を読む、というすばらしい人からのみ感想がもらえるぐらいしか救いがないときも。
もちろん、私の作品に魅力がなくおもしろくないから、感想言うまでもない、ということもあるんでしょうけど……
題名を工夫してもそれほど読者数の増加にはつながらないし。

作家名や題名にとらわれずに読んでもらえるってものすごく幸せなことです。
だから覆面企画にのめりこんでしまう。
この企画なら、文章が下手でも大丈夫だし。(精進せえ)

参加作品はすでに提出済み。
企画開催が楽しみです。
開催日が延長するかもという情報がありますね。 
そこはちょっとよくわからないのですが、すでに提出していて、ご一緒できることが決定しているみなさま、よろしくお願いします。
楽しみましょう。
開催が待ち遠しいわ。
posted by 菜宮 雪 at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

無断転載またやられた(4/16追記あり)

ツイッターで流れてきて知った某中国サイトのこと。
多くのなろう作家さんの作品が全話掲載されているらしい、ということで、私のも調べてみたんだけど、がっつりやられてたわ。
dajarekakou2.png

今のところ転載が確認できた自作は「王太子とダジャレ侍女」のみだったけど、短編はわからない。
今回の転載は、人気とはあまり関係なさそう。
腹立たしいなあ。
がんばって連載していても、アクセスは少なく、ポイント100もいかないかわいそうな作品を狙うとは(怒)。

2012年ごろ、自サイトだけにおいている「ジーク王子の寝室で、ああっ!」が無断転載されたときは、ランキングサイトから来た『転載プログラムのなにか』のしわざだったと、今でも私は信じている。
あのときは、今は亡きNEWVELさんというランキングサイトで、その拙作が完結直前の時、瞬間的に三位に入ったことがあり、そのタイミングでの大量転載だった。
あれもきつかったなあ。
当時、「ジーク王子〜」48話中、38話分の転載を確認。全部別々のブログに拙作が一話ずつ掲載されたのだからたまったもんじゃない。
ブログ会社に通報しまくって、今はほぼ消えたけどね。
その後、「魔女ベラーザの森」というなろうサイトさんだけにおいていた作品もやられていたことが発覚。
あのときも日刊ジャンル別ホラーで10位以内に入っていた。それも瞬間的な栄光だったんだけども。

そういったブログ転載系のやからの更新は、2015年9月ごろから途絶えており、撲滅できたと安心していたところに今回の転載。
今回の転載クズやろうが、なろうさんのランキングから来たとは思えない。
ランキングから拾われたのだとしたら、ノマドさんからになるけど……ノマド登録していない人の作品も多数やられているから、今回の転載はランキングとは無関係っぽいね。
なんだか誰彼かまわずごっそりもっていっている感じ。

今回のはちょっとやっかいだなあ。海外ルートみたいだし。
どう通報すべきか悩むところ。
なろうさんに通報している人もいるみたいだけど、それはなろうさんの規約にも書いてあるから無駄だと思っておいた方がいい。
違法サイトの管理会社に通報できる権利があるのは被害者だけ。これは今も昔も変わらないと思う。
もしかすると、書籍化作家さんなら、レーベルの方で動いてくれるかもしれないけどね。

中国のことがどんどん嫌いになっていくなあ。
中国人のしわざじゃない? なら、中国人に見せかけた他国人?
問題のサイト内には、日本語に翻訳されたと思われる変な小説もある。
自動翻訳を使っているらしく、日本語がおかしい。機械がやってんの?
なんだか知らないけど、やめてもらえないかなあ。
このあやしい中国サイトは、2017年の12月ぐらいから転載を始めたようだね。
それ以前の作品は大丈夫なのか? それも未確認。
不快感でもやもや。
しばらく様子見。

追記:小説家になろうさんの作家さん海水さんが、活動報告にて検証しておられます。
参考にどうぞ。リンク許可いただいております。
https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/694987/blogkey/2009185/
posted by 菜宮 雪 at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

鬼ヶ城、再訪問

熊野古道歩きを相変わらずやっている私です。
先週の土曜日、前にいけなかった場所、鬼ヶ城遊歩道通り抜けをやってきました。
熊野市にある鬼ヶ城へは、2016年の松本峠越えの際に立ち寄っていますが、その時は、遊歩道は崩落のため通行止めになっており、途中までしか行けなかったのです。

晴天に誘われ、波の状態もいいようで、それー、と出かける。
高波だと通行止めになるそうな。

現地に着いたら、桜が咲いていてびっくり。やっぱり三重県の下の方はあったかいんだ。
これを書いている今は、うちの近所でも桜が満開になっているけど、先週はまだ咲いてもいなかった。

鬼ヶ城はすごいところ。この日は観光客は少なめでゆったりと写真撮影できた。
DSC_0590oniga1.jpg

DSC_0597oniga2.jpg

とんでもなく細いところを歩いていく。このスリルがたまらん。手すりがないと不安になるかも。
対向者に注意しながらゆっくり進む。
DSC_0598oniga3.jpg
前回では行けなかった場所。岩の周りにうずが巻いていた。
DSC_0605oniga4.jpg
この海の青さ。忘れない。
DSC_0606oniga5.jpg

うん、満足。
鬼ヶ城。三重県の下の方にある、おすすめ観光スポットです。歩きやすい靴でどうぞ。
posted by 菜宮 雪 at 15:23| Comment(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

短編「ふたつの卒業式」

先ほど、小説家になろうさんに「ふたつの卒業式」という作品を投稿してきました。

6000字ちょっとの短編ですので、すぐ読めます。
作品は↓からどうぞ。
https://ncode.syosetu.com/n3389eq/

完全にヒューマンドラマなので、なろうサイトさん内ではおよそ読まれないたぐいの固い目のお話。
メッセージ性が強く、PTA役員のお母さんの視点で書いております。
これ、あらすじ書くの、難しかった。
どう説明すれば読んでもらえるか考えても、思いつかず。
最初からネタバレでもつまらないし。
まあ、こんな内容ではそう読んでもらえないだろうから、どんなあらすじでも関係ないかもしれませんね。

今回出したこのお話が自分の体験談か? と聞かれたら、それは違うと答えます。
私は、PTA役員の経験はあるのですが、大役はやったことがないので、どんな仕事をするのかはごまかして省きました。
それなりに年を重ねた自分になったから、書けたお話だと自負しております。
ものの考え方や、見方がおばさん臭くなった、それだけのことかもしれませんがw

作中には出しませんでしたが、脳内のテーマソングは合唱曲「旅立ちの日に」と「大空讃歌」でした。
この作品を書くために、何度もようつべで聞いてイメージを固めましたが、作中に曲がかかる場面を入れても、作者の無駄な設定押し付けになってしまいそうだったので、やめました。
作中にそれがなくてもお話は成り立つので。
もしも、作品を読んでここへお越しくださった方がいらっしゃいましたら、イメージとして脳内で音楽をかけてくださるとうれしいです。
ひとつめの卒業式には「大空賛歌」を。ふたつめの卒業式には「旅立ちの日に」。
ああ、大声で歌いたい〜♪♪

卒業生のみなさま、ご卒業おめでとうございます。
posted by 菜宮 雪 at 17:41| Comment(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする