2018年06月09日

覆面企画8 Bブロック一言感想と考察(7/9答え合わせの追記あり)

Bブロックのひとこと感想と考察です。青字は答え合わせの追記。
ツイッターでのひとこと感想にあれこれ足したものです。
作者さまにとって失礼で不快な記述があるかもしれませんが、どうかお許しください。
筆を折らせるつもりはありません。
企画開催中はみなさんが友人のような気分になっておりまして……企画をめっちゃ楽しんでいます。
口調めちゃくちゃです。支離滅裂。

B01 ──ス・ガ・ル・テ
 がっつりホラーだ! 水子が憑りついてるとな。で、祓うことができないと?
 この作品は昼間の内に読みましょう。
 主語が少なく、読んでいるうちに視点がこんがらがって難しく感じました。
 もしかして、ホラージャンル、書きなれていない?(ホラー書きさんだったらすみません)。物がなになにした、みたいな書き方に特徴あり。
 どんでん返しをねらったオチに驚き。
 ルビが多いね。それは推理材料になるのかな? 心をえぐられるような描写が好きそう。
 作者さんはおそらくこの作品に入り込んで書いている。泣きながら書いてない? 書いたのは女性だと思うんだけどなあ。男性が水子の話を書くのか?
 それがフェイク?
 Veilchenさんちに水子の話あったけど、文体が違うんだよなあ。別人のよう。


B02 フーガには二つ星を連ねて
 ちょっと不思議な感じのファンタジー。
 お人よしすぎるフレイに、魔物?が心を動かされた、みたいな。
 怖い会話の中にも、静かな愛情というか、友情というか、そんなほんわかとした何かを感じました。
 そんな話ではなかった? 読み違えているかしらん。
 一人称をあまり書かない長編書きさん? 設定の出し方もそれっぽいんだけど、そう思わせるフェイクか? 。のあとのマス開けがわざとらしくて臭うw 地名にノアを入れるのお好きかな?「ジュールノア」「バリルノア」とか。
 検証してみると……うーん……自己紹介から始める感じはげこさんだけど、げこさんは一人称を得意としておられるようだから違うと思う。
 対価として体の何かを捧げる……この設定、於來さんちにあった! 参考作品「まるばのほろし」 ここは於來さんだ。 


B03 ジャクリーンの腕
 読み進むにつれ、複数回驚いた。何にびっくりしたのかは、ネタバレになるから言えないけれど、読者の気持ちのつかみ方や視点の持って行き方がプロっぽかった。いや、本当にプロの方か? きっちり書かれている印象。
 情報の出し方、上手いなあ。情報は、無理なく、必要な場所で、最大限の効果を狙って出されている。置いて行かれることなく、楽しめました。これもどんでん返しをねらった作品。
 改行の仕方などはVeilchenさんにそっくりだぁ。──で説明を挟むところとか。参考作品「王子だけど大好きな彼女と結婚するためならなんだってする」


B04 マリー・アントワネットの手を取って
 女の子がひたすらしゃべりまくっている。その中に世界情勢などの情報が入って来て時代などがわかるような作り。
 結局、この女の子は誘拐されても探されず、得体の知れない男と旅をし続けて、そして逃げられたってことでしょうかねえ……。かわいそうに。
 でもどこまでも明るく、重くならないのは作者さんの技量。
 「虎視眈々」なんて小さな女の子が使う言葉ではないと思います。普段、小さな子を書いていない人か、そばでこれぐらいの女の子を見たことがない人か。
 女の子の表現に「ちっさい」、「ちいさな」、と何度も出てきて、やたらと大きさが強調されるあたり、作者は男性っぽいと思うんですけど、違いますかねえ。
 私の第一印象は歩く猫さん。参考作品「おはなし聞かせて」のダーッとしゃべる様がちょい似。
 ファーストインプレッションを見てみると! 琴子さん、強!
 琴子さんを検証……歴史をちょっと入れてくるあたりがそれっぽいかなあ。参考作品「アイネクライネレースライン」、語り口がそっくりだ!
 でも琴子さんって男性? いや女性だと私は思っておりますが(あれれ?) 歩く猫さんも女性みたいだし。


B05 赤い手 白い手
 題名からしてなんかホラーっぽいと思っていたんだけど、やっぱりヒィィなお話だった。これも読みやすくわかりやすい。書きなれておられる。
 二つの視点をきっちり分けて、それがくっきりとこの物語の本質を語る。すばらしい妹さんでw 
 このあと、どうなったのか知りたいけれど、知りたくないような。
 一番悪いのは、後妻じゃなくて、父親だろうが! ついでに父親も刺されれば……(以下自粛)
 第一印象はenuさんで。参考作品「たがため」。とはいえ、この作品がものすごく似ているわけじゃないから違うかもしれないけど、話の根底に流れるものが同じ気がしたんです。


B06 手児奈物語
 絵巻物を開いたような世界観で、この先の展開も知りたいと思った素敵な作品。これは資料なぐり系?
 源氏物語の一説を読んでいるような感覚に陥りました。
 手児奈、ぐぐってみたら、いろいろ出てきました。彼女を祭っているお寺まで存在している! 
 手児奈が実在かどうかはわからないけど、伝説的人物だったみたいですね。彼女、伝説では悲しい最期を迎えたみたいですけど、この物語では、どちらかを選んで幸せになってほしかったと私個人的には思っています。
 第一印象は鶏林さん。こういう世界を書きなれているっぽいので。
 鶏林さんちを覗いたら、とても雰囲気が似ていると思いました。ここはこの方で決定。


B07 イハンスにやらせろ
 大人の事情でガラス工房の弟子になった二人。
 この作品、ガラス工房のこと、いろいろ調べて書いたんじゃないかなあ。作る場面はこちらも横から見ている気に。息を止めるほどの大きな盛り上がりはないけれど、丁寧に場面場面をきちんと描いている印象。
 最後まで読んで題名に納得。カタカナ四文字の名前が好きな人? 犬がお好きなようで。
 これ、げこさん、いかがでしょう。意気込みに、タイトルを工夫した、とあったので。……げこさん、正直まったくわからないんですよね……なんかしっくりこないけど。ただ、歩く猫さんちにマーマレードを盗む話があって、はちみつを盗むB07と似た感じはします。そうなるとやっぱり歩く猫さんかもしれません。どっち? どちらでもない?


B08 花咲と白い犬
 これも犬! しかももふもふワンコだ! このブロックは愛犬家ブロック?  結末に思わずにやり。そうなりましたか…。
 全裸に全部持っていかれました。
 この先は恋愛になりそう? ホラーかと思ったら、案外コメディで。この先もいろいろありそうで楽しめました。面白かった!
 いっぱい詰まったこの作品、第一印象はみずきあかねさん。参考作品「ダンジョンマスター」。
 前回の覆面に出されていて作品が今回のノリとそっくり。流れも似ています。


B09 手の行く方へ
 あー、会社に行きたくない病、わかる。これは面白い。変わったお話を読んだ。プチ家出ならぬ、プチ出社拒否みたいな。
 ジブリのアニメに出てくるような風景が浮かぶ。
 手って、結局なんなん? とは思うけど、こういうお話、嫌いじゃない。
 突然現れた黒ずくめの男と二人きりでお堂に! 二人きりですよ!
 知らない大人に付いて行っちゃダメです。これは主人公、大ピンチ! いや、ピンチじゃなくて、深い関係になって、腐腐腐なのか、と息を弾ませて読み進めましたけど……そういう関係にはなりませんでしたね……(私、なにを期待してしいたんだろう……汗)だってねえ……誰も来ないようなお堂で並んで寝てるって……その状況なら普通は……ね?
 オチもおもしろくって、人まねではない発想にたくさんの拍手を捧げたいです。電車がすぐやってくる描写からして、都会住まいの方? 田舎はそんなすぐに次々電車来ませんよ。
 オチがしっかりついた短編がお得意な三和さんでいかがでしょう?


B10 ローマでも長安でも洛陽でもない、ある都の休日
 がっつり中国だ! と思ったけどちょびっと現代も入ったすごいお話。一話でいくつもの味を楽しめる感じ。
 主人公、体は大きいけれど、心はそうでもなさそう。怖そうな美人さん、実はツンデレだったのか。
 しかし、漢字が難しいなあ。私では難漢字、読めない。 
 こういう字を知っているだけでなく使いこなせる人は限られてくるよね。
 ファーストインプレッションは盲管さん、鶏林さん、両方に。琴子さんも書けそうな。でもやっぱり盲管さんだと思ってしまいます。

B11 手探りカデンツァ
 女ひとりの作業所に男がやってくる。これはいかん! 女が危ない! またしてもB09のように二人きりの密室設定だ! 
 ぬるぬるとした関係になっちゃうんじゃないかと……違いました、ね……。すみません、思考回路がすぐそっち系に……へへっ。最近そういうのばっかり読んでいて少々頭がおかしくなっておりますw
 このお話、このあとラブコメとしてお話が続いていきそう。恋愛小説の一話目として楽しんでしまいました。
 もしかして、長編として書かれたもの?
 作者さん、女性っぽい。かわいい話を書く人? たぶんR18も書いていますよね?(違ったらすみません)
 これも作者さんは都会の人? 10分ごとに来る電車が苦になるなんてびっくり。都会の人って、10分も待てない? なんて贅沢な。
 電車の間隔設定が30分ぐらいなら説得力があったかも。
 ほんわか雰囲気の恋愛ということでmoesさんをここへ。この方が都会人かどうかは未検証。


B01 水子……歩く猫さん?無理やりここへ。たぶん違うよ。Veilchenさんかも。琴子さんの可能性も。×於來さん
B02 フーガ……於來さん ×enuさん
B03 ジャクリーン……Veilchenさん ○
B04 アントワネット……琴子さん ○
B05 赤白手……enuさん? ×三和さん
B06 手児奈……鶏林さん ○
B07 イハンス……げこさん? 歩く猫さん? ○歩く猫さん 
B08 もっふい犬……みずきあかねさん ○
B09 歩く手……三和さん ×moesさん
B10 ローマ長安……盲管さん ○
B11 違法コピー……moesさん ×げこさん

正答率6/11 54% うーん……フーガは於來さんだと思ったんだけどなあ。

なんか全部違う気が……。笑ってやってくださいませ。
画面の向こうから作家さんたちの笑い声が聞こえてきそう。
posted by 菜宮 雪 at 22:38| Comment(0) | 覆面小説企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

覆面企画Aブロック感想と考察推理(7/9答え合わせ追記あり)

覆面企画8より、私がツイッターでつぶやいた一言感想を手直しして、その後に思いついた推理過程などを加えたものです。作家名発表後の追記は青字。
作者さまにとっては、ものすごく不快で失礼な推測があるかもしれませんが、どうかお許しください。
私、身の程を忘れて、覆面企画の楽しさを満喫しております(笑)
今回も素敵な作品がいっぱい。憧れる作品も。

A01「糸子教授〜」
読んでいて、腹黒さが出てきて、あらあら、と思った作品。
まず引っかかったのが、北川糸子って名前。変わったお名前ですねえ。
糸子さん……糸! ピーン! 糸さんって方が参加者の中にいらっしゃたよね?
ということで参加名簿をじっくり見ると……この北川糸子って名前、もしかして、最初にこの企画に提出した三人の名前から作っていない?
北→真北さん、糸→糸さん、子→琴子さん 川の字がないです。
川は誰……川の字の人……Aブロックにいらっしゃいました。川辺さんが。
そんな推理はただのこじつけじゃないかと思うけれど、川辺さんちへ検証に伺うと……「音色の研究」より「ブンブン振った」というカタカナの使い方が合致。これは川辺さんだ!
ファーストインプレッションは川辺さんに初日に投票。初日から投票しちゃってごめんなさい。
外れていたら大笑いしてくださいね。

A02「アフロディーテ〜」
映画の一場面を切り取ったかのような構成。場面の切り替えの思い切りが潔い。
二人の歴史を切り取って見せてもらい、糸をつむぐように話がつながっていく。ちょっぴり物悲しいラストにせつない気持ちが残されました。
まずは、この作品の作者さんには、ロボット関係を書いておられる巫夏希さんを候補に。参考作品「銀河シアターモード」シリーズ。「機械仕掛けのメイドと孤独の博士」。「機械仕掛け〜」の作品、流れがとても似ています。
でも違うかも。流れが似ているだけでは証拠になりません。
水城さんも候補に。水城さんって日常の中に非日常を入れるのが好きそうだから。
では他の方はどうかな? うーん、このブロックに映画好きの方、いらっしゃったかなあ? わからない。 
それにしてもなぜ「アフロディーテ」という名前を題に入れているのか? 
アフロディーテというとギリシャ神話の美の女神が浮かぶ訳ですが、作者さん、ギリシャはお好き? 
知識をちょっと出してみたい系の方かな?
アフロディーテ=泡の女神という別名がありますが、儚い、という意味で使っておられるとか?
……あっ、読み進めたら、巫さんはA04の方が似ていましたね……ここは巫さんではなかったわ……(小さな声になっています)
とりあえず、他の作品にまいりましょうか。

で、他を巡った結果、藤原さんにしようかと。(自信ゼロ)。参考作品「三題噺・味噌・ダイエット・秋」妻が先に死ぬから。理由はそれだけです!

A03「導かれた先は」
兄と一緒に探偵ごっこ? 推理のやり方を説明しているようなお話で、作者さんの遊び心が見え隠れしている。お兄ちゃんが小鼻をぴくつかせながら探偵術を教えているさまが目に浮かぶようです。微笑ましいけれど、実際にそばでこの会話を聞いてしまったらドン引きかも(笑)。
で……推理する企画に推理の話を出すんですかいw 
そういうところからして、たぶん初参加とは思えず。
ホームズとワトソンはお好きかな?
文体はざっと見たところアヤキさんに似ていると思ったけれど、アヤキさんは他にもいらっしゃる!

……全部を検証した結果、ここは御桜さんに。参考作品「黒衣の天使と夜の闇」この作品、登場人物が推理してるくだりがあるから。


A04「地面に手が〜」
オチに吹きました。これ好き。個人的には手の大きさが最初からわかればもっと好きだったかな。
実は私も地面から手が出て〜ってネタ、考えていたんです。
実際にはそのネタでは出しませんでしたけど、私のは完全ホラーで、巨大手で地獄へ引き込みみたいなのを構想しておりました。
だからよけいに手の大きさがなかなかはっきりしなかったことが気になってしまいまして。
最後まで読んで、手がどういうものであるのかわかり、頭の中で絵になると、あー、なるほど! と(笑)
この文体、見たことがある気が。第一印象は楠さんに投票。この乗りが……でも違うかも。
詔子って名前……今風ではないですよねえ……長年書いておられる方でしょ?

えっと……巫さんが場面を変えるときに◇を並べているのを発見してしまった……これ、巫さんだ! 参考作品「柊木さんと魑魅魍魎の謎」


A05「現代人外住宅事情」
ホラーだ! と思わせてビビらせ、ちょっとほっとさせ、やっぱり、みたいな。
短編に慣れた人だと思います。きちんとホラー的オチをつけるあたりが。
ラノベ丸出しの展開も狙っているっぽいですねえ。「子供」の口調が子供らしくない気が……。
フェイク臭ぷんぷん。
織人文さんを置いてみます。参考作品「窓の外の顔」。窓からのぞくみたいなところが。たまたま似ているだけ?


A06「魔女と秘密の88手」
ミステリーだと思って読み進めていたら思わぬ方向に。ネタバレ防止につきこれ以上は言わないけど、この想像できなかった展開に笑っちゃいました。
八つの手ってなんだろう? 私の読み取り能力不足? 
何か仕掛けられているようですが、それをしっかり調べる暇も根性も、私は持ち合わせていません。ごめんなさい。いい加減な感想と考察を出すだけでもいっぱいいっぱいです。
最初はギュッと詰まった文体に、時代劇を書く人っぽいと思ったけれど、よく見るとそうでもないようですね。
テーマ「手」の解釈に拍手を送りたいです。
こういう「手」の使い方もあるんだ! そうですよね、人や機械、あるいは動物の手だけが「手」ではないのでしたわ。
アヤキさんか御桜さん……かなあとは思うんだけど、自信なし。
ラストが意味深。それがアヤキさんが浮上した理由。
アヤキさんは前回のあの英語だらけの作者さんですからね……あの作品は、英語の名前が男性か女性の判断のひっかけだったと記憶しておりますが、英語の男女名のことがわかっていない人には(私はわかりませんでした)あの作品のすばらしさは理解できなかっただろうと思います。
読者が当然わかっている、理解できる能力があるだろうという前提の元に、堂々と情報を投げかけてくるこの感じ……アヤキさんかなあ。今のところは。
御桜さんはあわてて書いたそうなので候補に入れました。

A07「最果ての巫女」
詩的な表現で語られるファンタジックな世界感がすごい。難しい漢字がいっぱいで……はい、私は難漢字苦手なのです。
こういうのは、語彙力がある人にしか書けないんですよね。要するに、誰でも書ける作品ではない。
ということは、これが、時代劇大好きの三樹さんか、あるいはすずさんか。御桜さんもまたここで登場。
すずさんと言えば、前回のすごい中国史が頭にあって。あれを書けるすずさんならこの作品も書けそうな。
でももろ時代劇臭で、三樹さんの方が似ている気がします。三樹さんの本棚を拝見したら、時代劇がずらり。

A08「巡り巡って」
複雑な事情を持つ女の子の相手をするお話。主人公の気持ちがじんわり伝わってきて暖かくなりました。
最後まで読んで題名の意味に納得。
登場人物はカタカナ名……ふーん……
アヤキさんちにある「君は風のように」という作品の中で、【アイツ】という書き方にカタカナが使われているのを発見。
それは名前じゃないから証拠にはならないけど、アヤキさんの同じ作品の中で【本心を言えば、「帰って欲しい」わけではなかったけれど】という記述があり、おっ!
鍵かっこの前に読点が入っているんですよ。これ、入れる人と入れない人がいる。
A08内には【見せながら、「……良いの?」と聞き返してきた】という部分があります。他にもそういう書き方をする人がいらっしゃると思いますが、とりあえず、アヤキさんを仮置き。
ところが、なんとなく流れてきた骨平さんのツイートを見ていたら! 5/29のツイート【目元拭いた時に、「はっ……! 今の私の所作、高貴な出のおば様みたい……!」とトゥンク案件にも見舞われたんですけど】というのがありました!
そこで骨平さん宅へお邪魔。じっくり拝見すると……「あれの俊足と〜」って作品中に同じ癖を発見。じゃあ、これがアヤキさんではなく骨平さんか。
骨平さんの方が文の切り方も似ていました。


A09「手を貸した話」
Aさんの手、このあとどうなってしまうんでしょう。幸せな未来が想像できない! お金が手に入って、その後は? ヒィィ、怖い怖い。
題名通りのお話で。
さらっと書かれているようでも、とても読みやすかったから、この作品、それなりの時間をかけて推敲していると思います。引き込み方も、終わり方も絶妙で。
女性の話を自分も興味深く聞いている気持ちになりました。プロの仕事? でもプロっぽい人ばっかりだ。

全部を無理やり当てはめた後、いない人を探すとすずさんしか残っていなかった! 仕方なく、すずさんをここへ。違うっぽいけどw
すずさんはどんなのでも書ける天才人。どこへでも当てはめられる。


A10「ハンスと五本指の魔法」
童話風味。良いことをすれば、良いことが起きるみたいな。
そのうちに魔法が尽きて、ひどい目に遭うのではないかと思って、ビクビクしながら読み進めました。普通に終わってくれて、よかったです。ほっと一息。
童話にしては難漢字を使っていて童話専門の方ではなさそう。
闊歩とか、褒美とか。子供が読んでいい内容で、童話調なのに、漢字だけ大人。妙ですねえ……それもフェイク?
語彙が豊富なすずさんがまた浮上してしまうわけですが……御桜さんも。でも確証がない。さらに別の人かも。難漢字でも簡単に変換できますからねえ。

検証した結果、楠瑞稀さんに決定です。童話で褒美という言葉、使っておられました。参考作品「賢鼠、獅子をして百獣の王ならしめる事」 


A11「黄昏時にその店は開く」
小さな町で、ささやかなもてなしをしている小さなお店、というイメージで読んだ。ほのぼの系でしょうか。
料理人の手はおいしい物を作り出す魔法の手。本当にその通りだと思います。
そんな手、私もほしいです。
これの作者さんは……水城さん? ほんわかした感じ。日常会話を見ているとそんな気が。参考作品「空の外側」

追記2018/7/9答えは青字で。

A01 糸子先生 川辺都さん 
A02 アフロディーテ 藤原湾さん ×すずさん
A03 探偵ごっこ 御桜真さん ×水城さん
A04 地面から手 巫夏希さん 
A05 座敷わらし 織人文さん  カンニング後 すずさん ×御桜さ
A06 魔女88手 アヤキリュウさん いや、でもこれがすずさんかも すずさんだらけ ○アヤキさん
A07 最果ての巫女 三樹さん ○
A08 巡り巡って 骨平正樹さん 
A09 手を貸す すずさん カンニング後 織人文さんと入れ替え。店員さんが出てくる「窓の外の顔」という作品から。この作品で織人文さんが座敷童の05だと私は思ったわけですが。 ×織人文さん
A10 ハンス 楠瑞稀さん ○
A11 お店 水城翼さん ×藤原湾さん

正答率6/11 54% すずさんは全然わかりませんでしたよ。捕まえたかったんですけどね。
難物だと思ったアヤキさんが当たったから良しとしましょう。


とりあえず置いただけ。カンニングいこっ♡

カンニングしてみて……ええっと……
他の人と違うところもあるけれど、逃げ切りを防ぐために一部このままで。
A05 織人文さんにしていますけど、A09と入れ替えます。どっちも自信なし。

ま……疲れました。
まあこれでいったん推理終了です。
簡単かと思ったAブロックでも結構難しかったです。溜息。
みなさん、ごめんなさい。無礼をお許しください。
posted by 菜宮 雪 at 18:39| Comment(0) | 覆面小説企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

覆面企画用作品サンプル

覆面企画8、ついに拙作があるEブロックも公開されました。

探偵さん向けに、enuさんのツイートからいただいたサンプルをあげておきます♪

@一人称のサンプル
「明るいね――彼と向かい合って、それから」

A三人称のサンプル
竹林に香る

B現代のサンプル
ふたつの卒業式

CFTのサンプル
勇者へのほうび

DSFのサンプル
宇宙たまご

Eミステリーのサンプル
吉原髪切り楼」この作品の原案はすず様です。

F童話のサンプル
飛んできた竜が落ちて、わたしは

G歴史もののサンプル
御嵩城幻夢伝

H性癖展示会会場
先生がまた変な物を

Iホラーのサンプル
遠藤君の絵

Jコメディのサンプル
おふざけ二次創作集」 童話のパロディ集。

サンプルができたよぉ。できるだけ短そうなのを選んだで。
これで全裸w 全裸で仁王立ちや。
自分でここを作りながら、つい、自作を読んでまう。
他の方に比べると作品数は少ないけど、こうして並べるといろんなジャンルに手をだして、あれこれ書いとるわ。
自分の、どれも下手やけど、まあまあおもろいと自分では思っとるんさ。
では、よろしゅう、探偵のみなさまがた。

意気込みをもう一度見るならここをクリック
posted by 菜宮 雪 at 11:54| Comment(0) | 覆面小説企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

岐阜のマチュピチュみたいな

ハイキング本から知った「岐阜のマチュピチュ」に似た場所。
天空の遊歩道というのが整備されたらしいということで、先週の金曜日、5/11に夫と二人で自家用車で行ってみた。

道路が狭く、急なところもあったけど、無事に到着。
付近は完全に茶畑の一角だ。

駐車場は一応無料のがあって20台ぐらいとめられる。
平日だったから人は少ないかと思ったらそうでもなく、結構次々と人がやってくる。
私たちが下山してきたときは、駐車場はほぼいっぱいになっていた。
土日とかだととめる場所がなくて大変そうだ。

駐車場整理の人がちゃんといて、地図をもらい、丁寧な説明を受けた。
地元のボランティアさんたちだ。
任意の協力金をポストに入れて歩き出す。
machupi1.jpg

いいお天気。
途中にある烏帽子岩も見てから登ること15分ぐらい?(短く感じた)
歩きやすいけど、急なところもある。やっぱり息切れw

それでもそんなに苦しまずにビューポイントまでたどりついた。
マチュピチュみたいに茶畑を見下ろせる場所。
machupi2.jpg
ああ、のどかだ。
これをマチュピチュだと思った人はすごい。
ネット内、似たような写真をあげている人が大勢いそう。
だって、みんな撮る場所同じなんだもん。まったく角度が同じでも無断転載じゃないと思う。
大きなカメラを持った人も何人もあがっていたよ。
簡単に登れるから登山だと思うと物足りないけど、ちょっと風景をみたいだけならいいかもね。

下りは林道をゆるゆる。
途中にあったお花もついでにパチリ。
machupi3.jpg

すぐに駐車場へ戻ってしまった。
楽々ハイキング。
緑がきれいだったね。



posted by 菜宮 雪 at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

覆面作家企画8 意気込み(PC版で閲覧推奨)

※このブログは、スマホからだと広告がうっとうしいので、パソコン版で見ることをお勧めします。

覆面作家企画8がいよいよ始まります。
私はEブロックなので、作品開示はまだです。
この企画は過去にも秀作ぞろいでした。読むのが楽しみ。

以下、意気込みテンプレート。
普通に書いては面白くないので、故郷の言葉でまいります。
ため口注意!

めっちゃなまっとって読みにくいわ、との苦情、承ります<(_ _)>

■作者名  菜宮雪(なみや・ゆき)って言うんやわ。

■サイト名&アドレス 
「菜宮雪の空想箱」 サイトは以前の覆面企画参加時から移転しとるけど、中身はなんも変わっとらんで。前のサーバーがホームページサービスをやめてしもたんやわ。そんで今はサクラネットさんにお世話になっとるんさ。
http://yukinohako.sakura.ne.jp/


■参加ブロック Eやよ。このブロック、あかん! プロの人が混じりすぎやろ。見て悲鳴あげたわ。

■自己紹介、プロフィールページはありますか? なろうさんの作者ページにリンク貼っとく。

■好きなWEB作家さん&WEB小説作品はありますか?
好きなんは、うちの自サイトからこっそりリンク貼っとる。
お気に入りネット小説」というところを見てな。

今は、読んだばっかの「神鳥を殺したのは誰か?」鳩子さん作の中華風愛憎劇にやられて頭がいっぱいやわ。
この作品の感想はこのブログの一個前の記事に書いたで、ぜひ読んで。
衝撃のストーリー。めっちゃ怖いのに読まずにおれへん。あたし、手汗でスマホがべたべたになったんさな、読んだらあんたらもそうなると思うで。

「神鳥〜」と同じカクヨムコンにエントリーして中間発表に残っとる作品の中で、私が押したい作品がもういっこあるんさ。
市夾茉莉さんの「花はひとりでいきてゆく
これもおススメ。読みごたえあり。微妙な心理描写が秀逸なん。安定した筆で安心して読める。

■好きな作家さん&作品を教えてください。■最近読んだ本の中で、オススメの1冊と言えば何ですか?
最近はWEB以外はほとんど読んでないで答えられへん。
読んだ紙の書籍なんて、知り合いさんのエロものばっかw
追っかけてた作家さんがつぎつぎエロ作家になってもうたんや。エロ作品が大好きってわけやないけど、応援のつもりでエロいの買っとる。
そういえば、まだ積本あるんやったわ……裸絵がついたやつ。

■作家以外の趣味はなんですか?
ハイキングレベルの軽い登山。冬はスキー。
音楽聴くのもええなあ。人の作品を読んで音楽が流れてくることがあるやん。

■今まで、覆面作家企画に参加されたことはありますか?
以前の企画に提出したのを多少手直ししたものへリンク。

第五回「荒野のニンジン」 異世界ファンタジー、微恋愛
初参加で当てた人が少なかった作品。突飛な内容も好評でにんまり。

第六回「グラスキャンドルライト」 現代恋愛
これ、身ばれ早かったわ。あたしが大嫌いな結末どっち系にしてばれんように工夫したんやけど、ハッピーエンド、と考える人が多くてびっくり。自分ではこれはバッドエンドや。

第七回「御嵩城幻夢伝」 歴史ファンタジー
これな……時間も金もかけて、実在のようわからん武将を使って全力でジャンルフェイクしたんやけどなあ……歴史オタぶったら逆に簡単に身ばれ。

■前回参加時、あなたの作品はどなたの作品だと間違われましたか?
御桜さん説が一番多かったと思うんやけど、うろおぼえ。

■前回参加時、あなたは誰の作品の作者と間違われましたか?
そや、御桜さんとあたしを入れ替えて置いとった人が数人おったんや。
自分ではそんに似とるとは思てへんけど。

■前回と同じブロックだった作者さん、今回もいますか?
真北さんと一緒やな。

■この作品を書くのに、どのくらい時間がかかりましたか?
それなりに。
何日使ったとか、時間とかわからんわ。
書く、休む、見直し、直す、書き直す、みたいなことばっかやっとったで。ちっとも進まんかった。

■推理をかわすための作戦は?
さあなあ。

■ズバリ言って、今回、あなたの作品を推理するのは簡単ですか?
あたしをよう知っとる人やったら簡単なんちゃう?

■この企画のために書いた作品、他にもありましたか?
ふたつの卒業式」 現代人間ドラマ

■その作品を提出しなかった理由は?
あかん、即日身ばれやん、と思たでや。
この作品はな、書けるやつの年齢や性別、家族構成が限られて特定されてまうと気がついたんさ。
天崎さんが一緒のブロックってわかっとったなら、これを出してもよかったかも。

■あなたが最近、良く書いている作品のジャンルは何ですか?
恋愛ファンタジーやね。恋愛、と言えるかどうかは、うん……やけど。

■この企画への参加作品以外で、一番最近書いた作品は?
王太子とダジャレ侍女」 連載中。 
シリアス場面にちょいくだらん駄洒落の入った洋風恋愛ファンタジー。よければ読んでくれへん?


■その作品は、推理のための重要なヒントになりますか?
なる……と思うけどな。隠さないあたしの全部を込めて書いとんの。

■参加者さん&読者さんに一言。
プロが何人もおるEブロックに戦慄。プロは隠れ方もプロちゃうの?
この機会に学ばせてもらおう。
プロが書いたもんのすごい作品の後にあたしの作品が並んでたら、どうしても見劣りするやろなあ。
しょんないで、正座して耐えるわ。

テンプレここまで。

追記:2018/5/22のブログ記事に覆面企画用サンプル記事を出しといたで、見といてぇ。
サンプル記事を見るならここをクリック

お国ことば終了。
ため口失礼しました。

私のブロックが開示されるまではまだ日があるので、のんびり他の方の作品で楽しませてもらいます。
読者としては、これは、と思った作品には感想を付けます。できるだけつぶやきますね。
推理もピンポイントにやるかも。
企画終了までよろしくお願いします。
posted by 菜宮 雪 at 17:59| Comment(0) | 覆面小説企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする