2015年01月25日

アニメ「サイコパス」感想

今日は明日まで無料動画公開されている作品の感想。

観たのはこれ。映画公開に向けて一時的な無料公開の模様。
リンク先は明日まで。それ以降リンクできないと思います。※グロ注意。私としては高校生以上推奨。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/03000/v00387/v0000000000000001976/?ap_cnt=2

「PSYCHOーPASS サイコパス」 一期(新編集版) 全11話(各46分)
二期 全11話(各23分)

シビュラシステムと呼ばれるシステムで管理された社会。
そのシステムは人のすべての心理状態を管理し、犯罪者係数が上がった人物を探知すると、数値によりその場で処刑か施設送りとする。
アカネは新人刑事として刑事課に監視管として派遣され、犯罪係数の高い部下を使いながらさまざま事件に対処していく。しかし、システムでは対応しきれない人物が登場し、凶悪な犯罪が次々と……

未来SF刑事ドラマ……とでも言おうか。
新米女性刑事の成長を描いているが、それだけのかわいいものではなく、残酷で、そして、深い話だった。
システムが抱える矛盾は大きく、システムに抗う人、従う人、それぞれの立場でいろいろ考えさせられた。
システムに頼りすぎることの愚かしさを認めながらも、頼らざるを得ない現実が厳しく示されていた。
もしもシステムがなくなってしまったら……この作品で描かれている世界の社会はめちゃくちゃになると想像できる。

どんな完璧なシステムでも想定外の事態というものは必ず出て来るものだと思う。
現実のコンピューター社会でもありそうなことだと、寒くもなった。

今上映中の映画の評判はよさそうだ。
このシリーズの中で語りきれなかったことが出て来るかどうかは不明だけれど観てみたいね。
シリーズ満足度☆4
話としてはひきつけられて、すごくよかったと思うけど、グロイ部分がちょっとなあ……
そこまでしなくても、という残忍な描写もあったし、人が飛び散るさまが気持ち悪かった。
あと、不満といえば、なんか百合要素がちらっと入っていること。あれ、必要なの?
posted by 菜宮 雪 at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE:
SECRET: 0
PASS: ac68f8cb81e1e803a716ac6a2db94132
超食いつく(笑)

百合要素は脚本(だったっけか?;)の虚淵玄さんが「これ入れたい! 入れる!! 入れなきゃやだやらない!!」ということで(真偽のほどは???w)、まぁ、制作に噛んでいるニトロプラスはエロゲ発の会社なのでしょうがないのかなぁ、と。^^;

劇場版は私もかなり相当観に行きたいのですが、そして観に行った人の評判はよいですね。
スクリーンで観る価値があるかというと、私みたいに絵フェチなら必至でしょうが、内容を追うという意味であれば円盤でもOKかも。

劇場版は日本から舞台が海外へ変わるそうなのですが、ていうかネタバレがさがさ漁っちゃったので概要は知っちゃったんですけど、あれです。
シュビラシステムって、日本限定の管理システムなんだ、と今頃気づいた私でしたw

この作品、自分がいつも悶々としている
「正義とは何か」
を突き付けて来る物語なのでとても好きです。
いろいろ深く考えさせられます。
この辺り、進撃の巨人やSAWのジグゾウの持論と交錯する部分があったりして、どう見ても悪いのはコイツだろ、ってのが見事にひっくり返されること多くって、自信を持って正義を語るのは驕りかなあとか、ホント色々考えさせられますです…。

余裕あればぜひ劇場版も!><(実は私が見たい観たい!!><。)
もしご覧になったときは、またぜひレポ拝読させてくださいませ。^^
Posted by 藤夜 要 at 2015年01月26日 04:54
TITLE: Re: タイトルなし
SECRET: 0
PASS: 1dbfb792347ecd0180d5979e6656b442
藤夜要さま

熱い食いつき、ありがとうございます!

百合要素って、やっぱり作っている人が入れたいから入っていた、ということですね?
そうでしょうねえ……だって、あれ、いらんと思ったもん。
そういう要素でなにか絡んでくるのかと思ったけどそれもなしで。
遠慮がちで場面としては少なかったですけど、いらんものはいらん。製作者側の趣味まるだしw
あっ、言っておきますが私がユリが苦手ってわけじゃないです。
けど、いきなりああいうのが入っているとこだわりを押し付けられた気がして、急につまらなく感じてしまうんです。

劇場版の予告編は私も観ましたよ。
観に行きたいけど、実は映画館は苦手です。
頭痛くなってしまって。
円盤になったら家で静かに観るつもり。思うことがあればその時に感想を出します。ずっと先になりそうですが。
おもしろそうです、楽しみ。

あ、それから正確にはシュビラシステムって書くんですね?
耳からだとシビラに聞こえていて、きのうの記事はシビラと記述してしまいました。
記事の方、後で直しておきます。

> 「正義とは何か」
うん、確かに、何度もそれは考えさせられましたね。
システムがおかしいってわかっていてもシステムに従う矛盾っていうか。
マキシマショウゴが提示したものは決して間違っていないと思えてきました。
彼もまた正義だったのだなあと。

SAWは私は知らないのですが、興味がわきました。
機会があれば借りてきます。
楽しいコメントありがとうございました^^
Posted by 菜宮 雪 at 2015年01月26日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック