2016年10月24日

10年ぶりの八曽自然休養林

数日前、愛知県犬山市の八曽自然休養林というところを夫と二人で歩いてきた。

ここは10年ぐらい前に行ったことがあるが、行ったのもそれきり。とても懐かしい場所だ。

昔の思い出をたどり、まったく同じコースで歩こう、ということになったが、夫、私、共にうろ覚え。

結局、途中からは一部、以前と異なるコースを歩いた。

記憶はいいかげんなもの。部分的にはここで栗を拾ったとか、あの時は駐車場のどこあたりに車を置いた、とか、憶えているのに。

地図を確認しつつ、もみの木駐車場〜八曽滝〜黒平山〜岩見山〜五段の滝方面〜もみの木駐車場というコースに。
平日ということで、人は少ない。
それでも数人と出会った。熊野古道の山奥よりも人が多い! あっちは世界遺産なのに土日でも誰にも会わないこともあるほど人の気配がない。
平日でさほど有名でもない低山で数人と会うなら多い方だろう。

小型犬二匹を連れた女性単独の方と途中まで時々一緒になった。
驚いたことに、その女性、地図を持っておられないようで、コースもよく把握してないみたいだった。
単独なのに地図なし? 
道標があるしワンちゃんがいるから安全ということだろうか。
うーん、でも、大きなお世話だけど地図ぐらいは持った方がいいんじゃないかなあ。道標だけではよくわからない場所いくつかあったし。
案内板をスマホで写真を撮って地図代わりにすることもできる。
女性ににあれこれ聞かれてもうまく答えられず、申し訳ない思いがした。こっちもうろ覚えの思い出の中を歩いており、自分たちの情報が絶対正しいとは言い切れず。
(この女性は最後また駐車場で会ったから、無事に下山できています)

さて、家へ帰ってから大昔の八曽自然休養林の写真を引っ張り出し、違いを比べてみたが、八曽の滝は昔とほぼ変わりなかった。岩のすり減りとかも感じない。
yaso20161020.jpg

時の流れを感じたのは黒平山へ行く途中にある展望が開けた場所。
ここだけれど……
kurohira20161020.jpg
ありゃ、木が枯れちゃってる。
昔の写真はこの木の下がもっと広くて(下草とか低木がない状態で)、当時はこの根本にできていた木陰で休憩を取っていた。
次に訪問した時、この木はたぶん根だけになっているんだろうね。
この辺りのも松くい虫の被害がひどいようだ。
あちこちで枯れ松をみかけた。

岩見山の山頂でも松が枯れちゃってた。この写真には枯れ木は写さなかったけど。
いいながめだった。
iwami20161020.jpg

何年か空けてからまた訪問したら、さらに違う景色がみられるだろうか。
枯れる木ばかりでなくて、新しい木が育ってくれていたらいいなあと思う。
posted by 菜宮 雪 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする