2016年08月29日

コミック「暗殺教室」読んだ

今日はコミックの感想を。

「暗殺教室」松井優征作 ジャンプコミックス
全21巻完結

ある日突然、謎の超生物が出現して月の半分を破壊。一年後の地球滅亡を宣言する。
世界中がこの生物を暗殺しようとたくらむが、マッハ20の超高速移動に加え、無数の触手があってなかなか殺せず。
しかも、その生物、「殺せんせー」はなぜか、名門校の落ちこぼれ隔離クラスの担任を買って出て、生徒たちに自分を暗殺するよう求める……というカオスな設定のお話。

えっと……これだけではたぶん、読者のみなさまには何が何だかわからないと思います(汗)
すみません、うまく説明できなくて。
とにかく、どう見ても人間に見えなくて触手がいっぱいあって超能力を持つなんか変な生き物が、突然落ちこぼれクラスの先生になったー!
ってお話です。
そこへ世界の殺し屋などがやってくるし、生徒たちも必死で「暗殺」をしようとするのですが、生徒たちは先生に教えられることが多くって、暗殺の必要性をわかっていながらも複雑な思いを抱くように。

ちょっと呑み込みにくい設定でいきなり始まったこのお話、読み通せるか最初は不安でした。
でも読みだしたら、それぞれの生徒の個性があきることなく描かれており、ラストまでちゃんと読めました。
長編連載にありがちな、登場人物を増やしては話を引き延ばす、といういやな感じもしなくて。

この生物がなんなのかは、16巻になって初めて明かされ、それからラストまでは本当に短く思えました。
時間に期限があってそれがよけいに想像をかきたてて。
20巻で大きな山場を迎え(私は号泣!)、21巻はその後のみんなを静かに語る構成。
絶対ありえない話なのに、真剣に読まされた。

ああ、読み終えた……終っちゃったんだ。
さみしいけど全巻読めてうれしい。
満足度☆4
posted by 菜宮 雪 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

困った

きのう、届いたメールが残念すぎた。

私が自サイト「菜宮雪の空想箱」を上げてお世話になっているサーバーが、ホームページサービスを中止するんだってさ。
まだ一年ぐらいはこのまま閲覧できるようだけど、いづれはどこかへ自サイト移転をしないといけない。
あるいはこのまま静かにサーバーが閉じられて閉鎖となるか。
それもさみしい話だ。

うーん、移転かあ……移転。
どこへ?
まだ日にちがあるとはいえ、こういう面倒な作業は大嫌いだ。

今日は、相互にしていただいている方たちのサイトをチラ見しながら、ホームページサービスをやっているところを探していた。
やっぱりアクセス制限できるところがいいよね。
いづぞやの中国からの大量無断転載事件は今も忘れられない。
そうすると有料のサービスになってしまう。
できればアクセス解析やカウンターがついているとなおさらいい。
お試し版があるさくらネットさんがよさげで、とりあえずユーザー登録だけしてみた。
まだお試し版を上げてはいないけど、調子がよければここへ移転させるかな。
近日中にお試し版を出してみる。

ホームページを移転させる必要があるなら、いっそのことネットサービスも変えて、ケータイと同じにして、もっと安く抑えられないか、と思ったりもする。
そうするとパソで使っているメルアド全部変更だ。
う……ああ、それもとてつもなく面倒なお話。
いやだな。
posted by 菜宮 雪 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする