2016年01月14日

雪が少ないぞ

きのう、久しぶりに今シーズン初めてのスキーにおでかけ♪
去年の骨折で不安だったけど、どうにか滑れた。
ただ、まあ雪の少ないこと。
パッと見、そこそこ雪はあるようにみえるけどなにぶんコース少なすぎ。
オープニング料金にしてほしいわと思ったり。
きのうはレディースデイで女性無料だったからそれはありがたいことだけれどねえ。

きのう、ダイナランドスキー場センターハウス内より撮影。
daina2016113.jpg
平日だからリフト待ちなし。人は少ない。
休日ならこのリフトは黒山のように人がたまっていることがある。
だけど、レディスデイにしてはやっぱり少ないよね。
それなのに滑っていると人が多い感じがする。
コースが一本しかないのが致命的か。
レストランもセンターハウスしか空いていないようだったし。
つか、雪がなさすぎてもう一つのレストハウスまでたどりつく手段がないのだった。
リフト稼働しているのは三本だけ。滑れる場所はごくわずか。
それ以外の場所はご覧のようにブッシュ。
daina20161132.jpg
本当にこれ、一月半ばかなあと思える光景だわ。
きのうは私たちが帰ってからたくさん雪が降ったみたいだけど、それでもまだ高鷲スノーパークとつなげることができないらしい。
二つのスキー場共通の前売り券が泣いている。
レストハウス内からさらに遠くをみれば、ほぼ土のひるがの高原スキー場が見える。
daina20161133.jpg
ああ、気の毒。スキー場に見えない。
どこかお分かりだろうか。
上の写真の中央にある黄色っぽいホテルの背景右あたり。
関係者のため息が聞こえてきそうだった。
posted by 菜宮 雪 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

アニメ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」を観た

今日はひさびさにアニメシリーズの感想。

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」 全12話

骨好き美人の櫻子と、平凡な高校生の「少年」こと正太郎が、ホームズとワトソンのように死者の謎にいどんで事件の謎を解くお話……だと私は思った。美しい大人の女性に憧れる少年の成長も

アニメをがっつり観たのは久しぶり。
アニメ版は、12話までで、原作の書籍の半分ぐらいだと思われる。。
私は原作も内容も知らない状態でアニメから入った。
まさに、骨愛ずる姫君の物語。

とにかく櫻子さんがきれいだねえ。
年上の女性に対する少年のあこがれのようなものが二人を結びつけているってことでいいのかな。
そのうちに恋愛になりそうな二人。自分の今後の希望としては、いちゃいちゃはあんまり観たくなくて、つかず離れずが好き。
アニメの物語は、強敵の存在が明かされ、これから大変になりそうだ、というところで終わっていて、
まだまだ続きが出そうだった。

まあ、良くも悪くもラノベっぽい。原作はラノベ専門の文庫として出されてはいなかったと思う。
角川のキャラクター文芸?
櫻子さんのしゃべり方などが、いかにもラノベにありがちで、ちょっとなあと思ったところはある。
櫻子さんは人嫌いのお嬢様、という設定なのに、それと矛盾する場面が多くあり、しかも老人などにも完全に上から目線口調。親しくない高齢者にも、敬意の欠片もない話し方、あれはないなあ。
骨好きというキャラはいいとしても、召使までいる旧家のお嬢様が、慎みの欠片もなく、だれにでも命令口調かい。
何様? と思ったことが複数回。正太郎のことも普通は名前で呼んでやらなかったし。
原作がそうなっている?

それだけでなく、警察何やってんの? と思ったことも。
櫻子さんは死体が出た現場にずけずけ入って行ったり、掘り出した死体の骨をさっさと取り出して頭蓋を手に取ったりしている。
あれはどうなんだ。

そういう、うーんな点に目をつぶりさえすれば、そこそこおもしろい。
櫻子さんの推理で謎を解く場面には、豊富な知識が散りばめられていて、多少の無理やり感も薄れていく。
この先、またアニメで続きが出るなら、ラストだけはどうしても観たいと思った作品だったね。
満足度☆3
posted by 菜宮 雪 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

覆面作家企画7 Bブロック一言感想と考察(正解の追記あり3/4)

私も参加している企画、覆面作家企画7内、Bブロックの一言感想と作家考察です。
http://hkmnsk7.tumblr.com/
昨年感想ツイートしたものに多少手を加え、ついでに作家さんについて勝手な意見をあれこれ述べております。無礼な言動、失礼します。
※作者名の正解は青字。

B01 君はhttp://hkmnsk7.tumblr.com/b01.html
まだ幼い心に抱く恋。いいお話だったなあ。彼女はどうなったのか気にはなるけど、それが描かれていないことで話に深みが出ていると思う。手で触れる描写多め。?のあとマス空けなし。(小高さん

B02百八代魔王と勇者の関係性 http://hkmnsk7.tumblr.com/b02.html 題名通りの説明書みたいなお話だった。これ書いたのって初参加の方じゃないよね。論文風にすることで自分の癖を隠し逃げ切る気満々。設定好き? 聖剣を出すあたり、ファンタジー好みか。なかなかの仮面。(恵陽さん。こっちが恵陽さんだったかー!そうかもしれないとは思ったけど)

B03 あたしは太陽 http://hkmnsk7.tumblr.com/b03.html 仲良しだったけど今は何もかもいっしょはいやだという女の子の感情がしっかり伝わってきた。こういう気持ち、なんとなくわかる気がする。奈央ちゃんはうっとうしいけどけなげだね。女性が書いてるのかな? 百合ぽい感じ。百合だと思って読むとそうとしか思えなくなる。相手を切り離したい気持ち、ものすごく伝わってくる。親しかったけど、うっとうしくなったというか。リアルな体験がおありの方か?(藍間さん、逃げ切りおめでとうございます!)

B04 ダンジョンマスター http://hkmnsk7.tumblr.com/b04.html ダンジョンの管理に雇われたひよわそうな男がなかなかの曲者。話の展開が予想できず笑いと驚きの連続。作者さんはRPG好きだろうね。ゲームをする者ならだれもが知っているお約束が散りばめられていて、遊び心たっぷり。この作品の作者さんは男性っぽいなあ。想像のままに話を進めている様子からおおらかな性格の方だと思われ。しかしB内のどなたが男性なのか。女性が多そうだけど、お名前だけでは男女はわからん。もちろん、ゲーマー男になりきった女性である可能性もありで。(みずきさんでしたね。うあぁぁすみません、女性……ですよね。ごめんなさい!ごめんなさい!)

B05 聖女とロザリオ http://hkmnsk7.tumblr.com/b05.html 世界を救うために少女は生贄として船に乗せられ、やがて。詩的な表現で救いようのない悲劇を描いた作品。「私」が見つけた光はさみしく悲しい。おいっ、「私」見てないでなんとかしろ! 少女を救うことはできなかったのかなあ。どうにもならないお話でした。
反復っぽい表現がお好きな方? 語尾は、「〜った」「のだ」多い。…、ー、は一マスだけど、それはわざとか。(彩真さん

B06 クビをキレ http://hkmnsk7.tumblr.com/b06.html まじない薬を売っている店員さんの話……だけど、よく読むとこれ、マリー、ルイ……ベルばらの世界! だからこの題名でしたか。上手いわあ。テンポのいい歴史コメディでちょいブラック。喉の描写も素敵。つづくマリーとルイ! まさかのフランス革命ネタ。テンポのいいコメディ。
お店、テンポのよさ、コメディセンスから未検証だけどみずきあかねさんを仮置き。みずきさんの作品、以前にも読んだことがあるけど、ものすごく読みやすくてしかも面白かった記憶が。でも、木菟みるくさんがマリーアントワネットの衣装写真を撮っておられるようで。そういえば、偶然にしてはいいタイミングですこと! 他の探偵さんの推理によるとこのB06に木莵さんを当てていらっしゃる方もいるみたいですね。ほうーん。(本当に木莵さんで思わずふきました^^。ご本人も私のツイートに焦ってあわてて別のツイートでまぎらわそうとしておられたようで。)

B07 Luz del amor http://hkmnsk7.tumblr.com/b07.html メイドと主人の甘〜いお話ですが、二人の正体があれで、この先を知りたいところ。Bをここまで読み進めた中では一番の糖度。いちゃこら恋愛お好きな方?「まるで姑」という表現、既婚女性っぽいけど女性擬態した男性、と言えばそんな気も。「〜ずっと」「〜きっと」で終わるのが好き。「〜ならば」もよく使われている。(彩芭さん

B08 メガネ男子と虹の空 http://hkmnsk7.tumblr.com/b08.html イケメンメガネ男子だぁ! 虹がきっかけで知り合いになった二人。じれじれ少女マンガチック。ごちそうさまです。話の運び方からしていかにも女性の筆っぽい感じ。恋愛書きさんかな。似たような雰囲気の作品が生駒さんのところにあるぞお。多少文体は違うけど。ただ、この作品、ちょっと擬態っぽいんだよなあ。いかにも少女マンガってこういうもんだろう?みたいな描写もりもりで。元からこういう作風の方? それとも。(生駒さん。やっぱり生駒さんだー)

B09 秋風渡り、金木犀を濡らす(※残虐描写アリ) http://hkmnsk7.tumblr.com/b09.html 天界人の恋話ってことでOK? 途中の戦闘シーンにかなり力が入っている。流血系ホラーお好きかい?
うーん……これ……なんかものすごくフェイク臭がする。現代恋愛書きさんが普段書かない世界観で書いている気がして仕方がない。それに「どうですか」「どうでした」という問い方が気になるなあ。私が自分で書くなら、「いかがですか」「いかがでしたか」と書きたい。そういう言葉の選び方は単純に好みの問題でもあるけれど、作者さんは、もしかして普段あまり敬語を使わない環境にあるお若い方かも。男性っぽい筆に仕上がっているけど、この作者さん、少女マンガも読んでいると思う。普段の筆はどれ? 恋愛? 戦闘ばりばりもの? ファンタジー?(並木さん

B10 龍呼舞 http://hkmnsk7.tumblr.com/b10.html 読み終えてぽかーん……なんかいろいろだまされた! これはちょっとでもネタばれると面白さが半減してしまうだろうから、これ以上はここでは言わない。思わぬ展開ですごい作品だ。上手いなあ。こういう作品の作者さんだと言われたいよ。これはベテランの筆に違いない。(五十鈴さん

B11 祈跡満つ http://hkmnsk7.tumblr.com/b11.html 彼、これからはずっと幸せに暮らしてほしいなあ。長い年月苦労して気の毒で。パッと見、冒頭の雰囲気が五十鈴さんの「火と水の婚姻」に似てる。とにかくこのB11作品の作者さんは間違いなく多読。すごい語彙でそれを使いこなす技術有。そういえば、ウィンランディア……響きが藍間さんちのウィスタリアとなーんか似てるよねえ。ただの偶然ですかい? これが藍間さんでもありだね。(曽野さん。残念、藍間さんじゃないかったわ


B作家さんたち考察

五十鈴さん:五十鈴さんはコメディを得意としておられるようだけど、この方もベテランだからどんなのでもたぶん書ける。サイトへお邪魔してみると……ふむふむ。「神さまどうかお願いです」って作品、B11と流れが似ているぞぉ。文体はちょっと違うけど。B11はさっきも書いたけど、前回覆面時に五十鈴さんが提出した作品と雰囲気が似ているんだ。細かいところを検証しないとこれだと断言できないけど。(B10

曽野さん:戦い系の小説をお好み。残虐なものでもOKらしい。ってことは天界のB09か。多読でプロ。ツイッター等を拝見する限り、B01ではないと思う。(B11

木莵さん:急いで提出? マリーアントワネットの衣装写真のツイートがこの時期に流れてきたことがなんとも……フランス革命ネタのB06が怪しい。そのあと、他の関係ないツイートを流しておられたなあ。追求逃れか!(失礼) 特徴としては〜と。という使い方が少々多い。それだとB04かB10かも。(B06

彩真さん:申し訳なくも小説置き場がどこにあるか分からず、あちこちを覗かせていただいた。手記のところに推理用にピックアップされたのがあったけど、それ以外の小説、たどり着けず。すみ
ません、彩真様、他の小説はどこから見たらよろしいのでしょうか。推理用として出された作品は、全く参考にならない場合があるから他の作品も見せてほしいです。
小説ページがわかりにくいサイト……それもこの方を知る情報の一つ。細かいことにはこだわらない方っぽい。ええ、もちろん、私がそう思っただけ。自由奔放な感じがするB04あたり? でもB05もありそう。(B05

小高さん:なんとなく少女マンガチックなイメージ。ざっと作品を拝見したところ、最初に何か提示したあとに説明文を持ってくる傾向有。あまあまB07、あるいはB11あたりでいかが? B11が小高さんなら五十鈴さんはどれだよ。B01もありかもしれん。B01……の使い方が似ている。でも会話文をみているとB03が一番似ているね。女性らしいご趣味。あのぅ女性……ですよね?(B01

生駒さん:青春! 中学生ぐらいが主人公のかわいい恋愛が得意? 小高さんと作品傾向が似ている気がするけど、小高さんの方が会話文は多いように見える。もちろんぱっとみただけ。甘い恋愛が得意そうな感じ。B07、B08辺りか。(B08

並木さん:この方もベテランだと思うんだ。何でも書ける人。このBにはそういう人が何人もいる。意気込みを拝見すると……ほほう……最初の三行でわかるかもって? 冒頭に特徴がある作品ということなら、B08メガネ男子ですかね? B08書きなれている感じがもりもり。しかし冬木探偵が細かく検証し、並木さんはB09だと断言しておられる。彼女の推理、納得できるよ。並木さんはB09間違いなしか。(B09

恵陽さん:あえて意気込みを出さないところに本気を感じる。この方は少年漫画も少女漫画も、時代劇まで読んでいらっしゃる。要するに雑食読者……ってことはこの方もなんでも書ける人。文章もどちらかと言うと中性的なイメージ。どうしても逃げ切りたいということから推測するに、説明書的なB02である可能性強。文章のリズムはB11っぽいよ。だけど、文体からはおそらく判断できないものを出されたと思う。B04ではどうかな。んん? ゲーマーかどうかはわからんけど、本棚を拝見すると「ダンジョン飯」という本を二巻も読んでおられるぞお。ってことはゲームを知らなくてもダンジョン系の物も書けるってことよね。B04でビンゴだといいな。(B02

みずきさん:この方の文章はとにかく読みやすく、しかもわかりやすい。解釈に困るような作品はまず出してこないと思う。時間をかけて書いておられるところから、今回も手抜きはしていないと思われ。第一印象はやはりB06。そうでないなら見事にだまされてしまったB10だと思いたい。(B04

彩芭さん:自称「マゾ」!!!自称「マゾ」!!!大事なことだから二度言いました。高校生の恋愛を得意としておられるよう……ですが。R18の作品を拝見するとうーんなかなかの。手慣れた感あり。残酷な物でもOKな方? ではどうしようもない悲劇のB05ってことでいかがか。でもメガネ男子好きでもいらっしゃるようで。まさかまんまのB08の可能性も。(B08

藍間さん:この方もベテランさん。ということでどれでも書けるんだ。さっきも書いたけど、B11内のウィンランディアって名前、ウィスタリアと似ているよね。偶然なのかな。無意識に似たような名前を使ってしまう人って多いじゃない。だからと言って特定するには安易だけどさ。
B11は候補者がいっぱい。藍間さんはB10も候補。もっと作品を読み込まないと捕まらないタイプだと思う。他の探偵の情報を求む。(B03


ーーーーーーーーー
以上、大まかな考察終了。
作者さん方、的外れな感想と考察に大笑いしてくださいね。怒りと苦情は後で受け止めます。

さてと。細かい推理は他の探偵さんにまかせて、とにかく全部先に読みましょうか。
こんなペースじゃあいつまでたっても読み終わらん。


ちょっと気になってね………他の方の推理をカンニングしたらさ、全然違ってて衝撃。ああああああ! まさかの全ハズレか!
それがどうした! これはちょっと覗いただけだからはずれて当然なんだよ! 全ハズシでも誰も死なないよ! そうさ、はずしたって何の害もないよ! 作家さんに盛大にだまされただけだ! 作家さんたちがすごかったんだよ! 開き直りが肝心だ! 人生前向きだ! あたしは負けねえよ! 今年もよろしく!!!
posted by 菜宮 雪 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 覆面小説企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

今年の抱負は……えっと……なんでしょうねえ。
とりあえず、「今年も自分らしく」かなあ。マイペースで。
人がどう思おうと、自分が書きたいと思うものを書く。

それから積み本を少し減らしたい。
パソの周り、読もうと思っている本だらけ。
まだ読む本が手元にあるくせに新しい本を買ってしまう習性、あかんよねえ。

もう少し頻繁に更新したいけど、家族にパソを占領される率がさらに上昇し、ネット落ちしている日も多数あり。
パソを開けばたまってしまったツイッターや人のブログなどを巡っているだけで時がすぎてしまい、自作を書いている暇なくなっちゃったわ……って感じ。
パソをもう一台買いたいところ。

とりあえず、今は参加中の覆面企画を全部読んで、一言でも感想を残したいと思っています。
創作では参加したいと思う企画があれば、企画参加も考え中。
長編をさっさと完結させて公開したい気持ちもある。人に見せられるレベルに仕上がるかどうかは不明だけど。
ま、ローペースですが、ゆるゆるとがんばります。
今年もよろしくお願いします。
posted by 菜宮 雪 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする