2017年12月15日

なろう冬の童話祭2018に参加します

きのう、2017/12/14から、小説家になろうサイトさん内で、
冬の童話祭2018が始まりました。
この企画、私は、過去に参加したり、しなかったりでしたが、今年は参加します。

企画参加作品は、きのう投稿しました。
桃太郎さん、助けに来たよぉ、最強仲間参上!
約7000字読み切り。桃太郎をベースにしたコメディ。

描きたい信念とか、小説を通して言いたい事とか、ぜんぜんないんですけど、ただ、全力でばかばかしく、楽しく書いてみました。

久々に思いっきりはじけちゃいました。
……一応、童話ジャンルということですけど、なんか童話になってないような気も(汗)。
なんでも「です」「ます」にしたら童話だよ、と胸を張るのは間違っていますよね。わかっているんですけども。
桃太郎のパロディなので、とりあえず童話ジャンルにしたってことで(無理やり;)。
あの……えっと……こんな作品で……桃太郎の原作者さん、ごめんなさいっ!
企画開催中は、期間限定の♡ボタンが作品下部に出現しています。
読めたらぽつぽつ押してくださると、めっちゃうれしいです。

それから。
なろうさん内で連載中の「王太子とダジャレ侍女」の方も、12/13に更新済みです。
第24話「つかの間の休息」山間の秘境で二人で露天風呂♡
今回の更新分には、R15なので、そんなにエロエロしてませんけど、久しぶりに二人が触れ合うシーンが入っています。
このところ緊張したシーンばかり続いていたので、書いている私もほっと一息。
こちらも童話と合わせてお楽しみくださいませ♪
posted by 菜宮 雪 at 16:51| Comment(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

短い秋を楽しむ

やっぱり12月。
気が付けば冬!

まだ心は秋のまま。
先日12月2日、久しぶりに一人で電車沿線ハイキングに行ってきました。
大平林道というところから、紅葉の名所、岐阜の寂光院へまわり、最後は成田山へ。
晴天だったせいか、ものすごくいっぱい人が歩いていましたねえ。
みんな考えることは同じ。天気のいい日限定で歩きたいんですよ。
スタートの善師野の駅のトイレでは、かなり並びました。どこから人がこんなに、と思うほどで。

それでも歩けてよかったと思いました。
とにかく、紅葉が最高で。

もみじがすっごくきれいだったので、少しだけ写真を残しておきます。
下手な写真ですが、目の保養にでもどうぞ。
jakkouinn1.jpg
鮮やかな赤。
黄色もきれい。見上げれば、目が回りそう。
jakkouinn2.jpg

付近の山々もカラフルに。
jakkouinn3.jpg
モンキーパークが森の中に見えてる。
お天気がよかったから、多くの親子連れがあの遊園地の中にいたんでしょうね。

なかなか素敵なコースだったので、来年も同じコースのハイキングがあれば、参加したいと思っています。
もちろん、晴天の日、限定でね。
posted by 菜宮 雪 at 16:25| Comment(0) | 私的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

ダジャレ侍女の更新とお知らせなど

※この記事は小説家になろうさん作者ページからの転載です。

少し遅くなってしまいましたが、ダジャレ侍女23話目更新できました。
今回、8000字越え。ちょっと長いなあと自分でも思います。
編集するのに時間がかかってしまって。
二話に分けたかったですが、途中で切ると、おそらく読み捨てられるぅぅぅ。。。。涙。。。。
今回、少々説明しなければならない部分が多いんですよね……読みにくくてすみません。
地名とかこんがらがってきたら、小説の下の方にダジャレ侍女の世界地図のリンクが貼ってあるので、参考にしてくださいませ。
まだまだ続きますので、お楽しみに!

それから、話変わって。
なろうの童話祭、今年は参加するつもりです。参加表明済み。
ダジャレ侍女の更新が遅れたのは、そちらも書いていたからです。
童話祭用の作品、下書きはほぼできました。
if桃太郎ネタで、思いっきりはっちゃけコメディを出す予定です。
投稿は、せっかくなので、企画ボタンが設置されてからの期間中にします。
もうしばらくお待ちくださいね。
シリアスな緊迫場面が多いダジャレ侍女だけしか拙作を知らない読者さまには、if桃太郎をみたら、なんだこれっ、となるかもしれませんが、当方、実はコメディ書きでもあります。
特に童話を茶化したものなんか、結構好きで自サイトに少し置いております。

それから、もう一つお知らせ。
アルファポリスさんで開催されている「第一回キャラ文芸小説大賞」に自サイトに置いている作品をエントリーしています。
「河童の王子さまですって」http://yukinohako.sakura.ne.jp/kappaouji.htm
という作品。投票数は一人三票なので、票が余っていたらお願いします。
……旧作で、設定うすうすの作品で、あまり勝てそうにないのですが……つか、ほぼ勝てっこない。開催三日目、まだ一票も確保できておりませんw
一回目のコンテストだし、お試しということでエントリーしてみたんです。
登場人物が少なく、多くの人名や地名を憶えてもらう必要は全くないので、ダジャレ侍女よりは読みやすい面はあると思うんですけどねえ……よろしければ。
posted by 菜宮 雪 at 19:06| Comment(0) | 王太子とダジャレ侍女関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

「王太子とダジャレ侍女」22話目です

小説家になろうさんで連載中、

王太子とダジャレ侍女
ようやく22話目を出すことができました。
いや、早くも22話目というべきでしたか。

前回更新分で前半の山場が終了。
書籍にするならば、この辺りが一巻目の終わりになるかなあなんて思ったりw(書籍化の話は全くありません)。
次回更新分からは、もう山場がないのか、というとそうでもなくて。
緊張する場面はまだまだたくさん用意しておりますので、よろしければ覗いてくださいませ。

……緊迫してばかりでは読者さまが疲れてしまいますよね……
そう思うんで、息抜き程度の駄洒落をできるだけ入れるよう心がけておりますが、駄洒落があまりにもしょうもなさすぎて、書いている自分もどうよと突込むしかない!

はい、ごめんなさい。地味にがんばります。
拍手等、いつもありがとうございます。
posted by 菜宮 雪 at 22:23| Comment(0) | 王太子とダジャレ侍女関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

書籍「きみに読む物語」読んでみた

前記事で「きみに読む物語」の映画感想をちょっとだけ出しました。
映画ではよくわからなかった部分もあって、原作の書籍を読んでみようかと。

……というわけで紙の書籍を買ってきました。ごめんなさい中古買い。
新品書店にはすでに置かれていないしろもの。

私が入手したのは、アーティストハウスから出ていた古い単行本。
「きみに読む物語」 ニコラス・スパークス 雨沢泰訳

以下、ネタバレあり。


続き・・・
posted by 菜宮 雪 at 14:17| Comment(2) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする